アスリート予報士栗原めぐみのblog

熊本で活動する気象予報士 栗原めぐみです

県内、しいては九州そして全国の気象災害死者をゼロにするのが当面の目標!

このページでは、
ゝぞ櫃亡悗垢襯灰薀燹∨漂卉亮院△鵬辰
▲泪薀愁鵝Ε肇譽ぅ襯薀鵐福次▲肇薀ぅ▲好蝓璽箸箸靴討粒萋

を紹介します。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

九州脊梁トレイルラン

0
    発信者としては恥じたことなのですが、ブログをかなり長いことサボってましたスミマセン
    書きたいことが無いわけではないのですが、
    他のSNSよりも、コレ、気合が必要ですね(⌒-⌒; )

    さて、先月9月23日、表題の九州脊梁トレイルランを走ってきました


    トレイルレースとしては、7月の霧島えびの高原エクストリームトレイル以来、
    ロードレースもシーズンオフで特に無かったので、
    熊本県民体育祭(トラック)の翌週ではありましたが、
    本当に久しぶり

    普通の山遊びでも十分楽しいんですけど、レースってならないと、中々長い距離を完走できない気がします

    てな訳で、えらくきつく感じられたのですが、
    勿論プレジャーもたくさんありました(о´∀`о)

    まぁ、一言で言うならアットホームな本格トレイルレースでしょうか

    時系列は前夜祭から

    UTMFを始めた方として有名な、福田六花(ふくだりっか)さんが登壇され、
    日本でトレイルランが浸透するまでの話
    九州で最も早く始めたこの九州脊梁の第一回の話から、現在に至るまで。。。
    聞いているだけで胸が熱くなりました
    自分は気象の専門家として(熊本以外の方は、走る方で知っていただいてる方が多いのですが、本職は気象予報士です)、
    地方局の報道記者として、
    タレントとして、
    何ができるだろう、これまでのやり方で足りるのだろうか、

    真剣に考えました

    結果、ブログを書く決意をしたのですが、今日までかかってしまいました(⌒-⌒; )


    偏見を申しますと、アットホーム=派手さがない、というイメージを持っていました
    手作りで暖かい大会、その分地味で生えないのは仕方ない、という感じです
    参加してみてその感覚は間違いだったと思い知りました
    歴史ある大会からの、暖かさと共存するブランド力のようなものを感じました
    この大会の参加者をもっともっと増やして大きいものに、とは思わないが、
    色々なトレイルを楽しむ中、本州の方でも、数年に一度は九州の奥地に足を運ぶ価値があることは伝えたいと思います

    トレイルランは歴史が浅い、この脊梁ですら第11回(昨年が台風で流れたので実質10回)
    つまりは、私たちが歴史を作る一員を担っている、こんな面白いことはないですよね


    で、前置き長く恐縮ですが、レースそのものは、
    キツかったです(⌒-⌒; )笑笑
    総距離35Kの累積標高がD +2000程度
    なんですけど、最初の20Kで、このD +2000を消化しきる感じです
    皆さんの言う、1番きついゲレンデ「逆走」
    日本最南端のスキー場、五ヶ瀬ハイランドのゲレンデを「登り」ます

    改めて、
    ゲレンデは滑降するところです 笑笑
    第1エイドの前後がコレ、ゲレンデです
    スキースノボをされる方はわかると思いますが、写真では伝わらない斜度があります
    ここは確かにきついんですが、実はここにたどり着くまでに、かなり登りつめるので、
    登り体力を使い切った状態で、登らされます、しかも森林でもないので、炎天下笑笑
    このゲレンデ超えたらもう登りはそんなにないと思っていたけど、
    まぁ、この後も続く続く、
    降っては登らされる、最初の20Kは、楽しさゼロではないが、我慢も必要

    トレイルの質は良好、流石、山やトレランを愛する人たちのコース開拓だなと思いました

    木漏れ日の中のふかふかトレイルが多く、
    急な下りも多少はあるが、走れるトレイルも多い
    まさに、トレイルランの醍醐味を楽しめるレース
    流石に初心者にこの35Kは厳しいが、20K程度を経験した後は、是非にとオススメしたいレースです

    エイドの写真を撮っていないんですが、
    暑いこの時期に嬉しいフルーツ尽くしに、酢飯のミニおにぎり(ネタなし寿司のイメージ)、
    たまらなく美味しく、助けられました
    「酢飯のみ」が、こんなに美味しく感じられるとは、発見です笑

    比較的ロードが多いので、ロードレースに自信がある方は、成績も残しやすいコースと思います


    そんな私も、7時間かかったものの3位に滑り込みました( ´ ▽ ` )


    お米とカップをいただきましたので、
    食欲の秋、まだまだ楽しむぞー!!!
    ラン・トライアスロン・トレラン | permalink | comments(0) | -